病気になったときは消費者金融に相談すべし

病気になった時は素直に話すと消費者金融は相談に乗ってくれる

正社員ならまだしも、毎日働かないと給料が入ってこないフリータ-の人たちや日給制の仕事をしている人にとっては、病気というのが一番怖いものでしょう。病気になって働きに行けなければ、それだけで自分自身の食い扶持が減ってしまいます。これは個人事業主などにも言えることでしょう。

個人事業主やフリーターになったことがある人は人一倍自分自身の体調を気にしていると思います。それくらいしないと、本当に生活ができなくなってしまうからです。私も体調には気をつけていますが病気になった場合は本当に大変です。

特に消費者金融の返済についてかなり焦りました。毎月のように金利と元金を返済していたのですが、インフルエンザになってしまって、かなり手取りが減ってしまったのです。そしてその手取りが減った中で節約して生活をしないといけないので、元金と金利を返済することができなくなってしまったわけです。

このまま他の会社から借り入れて返済に回すという方法もあるかもしれませんが、そうやって色々なところから借入をしてしまうと多重債務に陥る可能性もあります。それだけは避けたかったので、私は恥を忍んで消費者金融に連絡を入れたのです。病気になったことが原因で、返済を遅らせてしまうということを。

そうすると返済に関する相談に乗ってくれたのです。私はきっとそれでも返済するように言われるものだと思っていたので内心ドキドキしていたのですが、病気が治った後にしっかりと返済してもらえればいいから、そのために返済日を決めようということになったのです。

この配慮のおかげで私はブラックになることもなかったですし、信用が傷つくということもありませんでした。返済を遅らせるということができるということを知っている人は少ないと思いますから、もし病気になった場合は気にせずに消費者金融の方に相談してみるといいと思います。

そうすると返済に関する相談に乗ってくれると思います。今は消費者金融もかなりジェントルマンな対応をしてくれるようになったみたいです。私はこの相談を受けてもらったことで救われたのです。