返済遅延は消費者金融の借入れでは致命的

返済遅延は借入れにとって致命的で絶対にやってはならない!

借入れをしている人にとっては当た前かもしれないですけれども、ついうっかりとしてしまった場合、借入の返済を忘れてしまうこともあります。いわゆる返済遅延というものですけれども、この遅延を起こしてしまった場合というのは信用情報にすごく傷がついてしまいます。最悪の場合は住宅ローンや学資ローンなど、将来的に必要なローンが組めなくなってしまいます。

ですから消費者金融で返済遅延をするのは絶対にご法度というのを覚えておいたほうがいいでしょう。使っている人にとっては当然のことかも知れませんが、初めて使う人はそれがどれだけ危ないことであるかがなかなかわかりにくいかもしれません。とりあえず遅延だけは絶対にしないようにしましょう。そのために忘れないように手帳などに書いておくのがいいでしょう。後は携帯電話のスケジュールに入れておいて、アラームが鳴るようにしておくといいと思います。

ただ、いろいろな理由で遅延せざるをえない時もあると思います。単純に給料や入金の問題があったり、会社が倒産したり夜逃げしてしまうということもあるでしょう。また親戚が亡くなってしまって、通夜と葬式から抜け出すことができなかったなども考えられます。そういうこともあるのは消費者金融側も承知しているので、必ず連絡を一本入れるようにしましょう。

この時に連絡を入れていれば消費者金融側としても対処の仕方があります。数日遅らせた後に返済してもらうという方法もあれば、まずある分だけ払ってもらうという方法も考えられます。いずれにせよ連絡をすることによって初めて遅延を回避することができるのです。もちろん単純に返済をしたくないからという理由で連絡をしたとした場合には貸出の枠を削るなどのペナルティもありえますから、絶対にやってはいけません。重要なのは信用をお互いがしていることなのです。

遅刻するときに一言電話で遅刻しますというのが当たり前のように、必ず消費者金融でも返済に何らかの不都合があるのであれば、嫌かもしれませんが連絡をするようにしましょう。忘れないためにまずは手帳などで管理し、それ以外のイレギュラーな対応は連絡して相談するのが適切な対処法なのです。