結婚関連の費用に消費者金融を使う時の注意

結婚関連費用のためにカードローンを利用する場合の注意点

20代から最近ではどんどん晩婚化が進んでいるので30代になってから結婚する人も増えていますが、結婚するときには日本の場合多額のお金がかかります。地方によっては地味な結婚式は良くないといって派手に行うところもあるらしく、そういう場所では一般的な結婚式以上のお金がかかることになります。確かに結婚式にはたくさんのお金が必要ですから、そのために消費者金融を利用するということはありえる話です。

実際に結婚費用のために消費者金融でお金をかき集めてくる新郎の方も居らっしゃるみたいですし、今では当たり前になっているのかもしれません。カードローンなどで借りやすくなっていますからね。結婚のために借りやすいというのは返済も楽だというのがあるでしょう。後で祝儀をもらえるわけですから、その祝儀を利用すれば返済自体は簡単です。が、祝儀というのはある程度先が読めるとはいえ、消費者金融での借入れ自体は注意しておいたほうがいいこともあります。それは祝儀の量が少ない時もあるからです。

まず単純に欠席者が多くなった時です。欠席者が多くなれば、それだけ祝儀が少なくなるので、その分返済が大変になります。もう一つ気をつけたいのがオプションを色々とつけすぎることです。式はそれなりにお金がかかりますが、最低限の式というのもあります。そこから色々とオプションをつけていくことで、際限なくお金が上がっていくのでそこには注意しましょう。

最悪の場合は祝儀だけでは払いきれない時もあります。最後の一つはあまりないのですが、ケチな人達が多い時です。ケチな人たちは相場というのがあっても、その相場通りのお金を祝儀に使ってくれません。

安い祝儀しか入れてくれない人がいた場合は、また返済計画にズレが生じてしまうので注意が必要でしょう。これ以外にもいくつかあるかもしれませんが、主にこの3つのことを注意して消費者金融での借入れを結婚資金に使うべきでしょう。まぁほとんどの場合はちゃんと祝儀で返済することもできますし、うまく行けば新婚旅行にも出かけられるとは思いますが。