消費者金融と同じクレジットカードの支払方

クレジットカードのキャッシングでリボ払いをする時の注意点

クレジットカードがここまでたくさんある国は他にないんじゃないでしょうか、というくらい日本ではクレジットカードが大量に発行されています。流通系や銀行系など、様々な会社が作っているわけですがそれぞれに特徴があります。一番の特徴はそのカード特有のポイントが貯まることでしょう。ポイントが貯まるからこそカードを作っているという人も多いんじゃないでしょうか。ただ、実はクレジットカードには2種類があるのをごぞんじでしょうか。一般的な返済とリボ払いという返済の方法が使えるのですが、特定のカードの場合はリボ払いのみ可能というものも存在するのです。このリボ払いは注意していないとすごく損をしてしまうし、ずっと支払いを続けないといけないことになりかねません。

リボ払いとはそもそも何かなのですが、クレジットカードの支払は一般的に一括と分割の支払いがあります。一括支払いだと一回払いで、分割支払いだと金利手数料がかかりますが、四回や八回などに分割して支払うことができるので、負担が少なく出来ます。それ以上に毎月の負担を減らす方法としてリボ払いがあり、こちらは毎月どれだけのお金を返済するか、それを決めることができるのです。1万円や5000円というように、返済額を設定出来ます。返済額設定のお陰で支払いは楽に思えますが、毎月の返済額が少ないために長期の返済になりがちなのです。だからリボ払いは非常に気をつけないといけません。

消費者金融についても同じですができる限り短い期間で返済することこそが、利息や金利を支払わない方法です。消費者金融の支払いとクレジットカードのリボ払いは非常に似ていて、何回に分けて分割して支払うという訳じゃなくて、いくらなら返済を毎月できるかという考え方です。この考え方は返済したあとに元金がいくら残っているかがわかりにくいので、必ず確認するようにしましょう。そしてあとこの支払の方法でどのくらい繰り返せば大丈夫なのか?というのも確認しておくようにしましょう。そうすれば消費者金融もリボ払いもちゃんと安全に利用することができるはずです。