何社まで消費者金融の借入ができるか

何社まで消費者金融は利用できるかは収入と安定性によって決まる

「一体何社まで消費者金融で借りられるのか」こういう疑問を持っている人は多いと思います。何社まで借りられるかというと非常に難しい問いとなるのですが、その審査というものは一般には知ることができず、審査の方法も洗練されてきているとはいえ、詳しくは外部に出てくることはありません。ただ、消費者金融を何社まで借入可能かというのは収入やその人の立場によっても変わると言われています。これは複数の人が試していますからまず間違いないでしょう。無職の時と就職した時、中小企業にいた時と大企業や公務員にいた時で比較して、かなり借入枠なども変化したという話がたくさんありますから間違いないと思います。

まず無職の場合ですけれども、消費者金融の中には厳しいようですが貸出を拒否するというところもあるようです。つまり借入ができないというわけです。ただ、中には無職でも少額だけなら貸出をしてくれる消費者金融もあるようですから、この辺りは審査のゆるいところを選ぶ必要があるでしょう。そして中小企業と大企業や公務員ですが、借入れ自体はできますが、そのための枠や借り入れできる会社の数も変わってくるようです。当然大企業や公務員のほうが安定しているし給料もいいということで、消費者金融はたくさん貸してくれます。何社まで借りられるかというと、その信用枠が残っている間で借りられるので、大企業や公務員が一番たくさんの数の会社から借入れが可能ということになるでしょう。

そして役職によっても借入れの額が違ってくるようです。平社員は安定性はあっても給料が少ないということで枠が少なく、課長や部長などの管理職になっていくと、借入れの枠や会社の数も増えてくるのです。中には何百万円という貸出が可能になる人達もいるようで、お金持ちの人ほどお金を貸してもらえるということになります。当然こういう人たちは消費者金融だけじゃなくて銀行からも借入可能なのですが。

このようにどういう場所に勤めているか、そしてどういう役職に付いているかによって、何社まで借りられるのかということも変わってくるわけです。たくさんのお金を貸して貰いたいというなら、まずは転職することが一番の解決策といえます。