消費者金融一覧

年収の3分の1までしか消費者金融は貸出できないルールがある

細かな法律のことを知っている弁護士や行政書士、司法書士などの資格を持っている人手あればわかるかもしれませんが、一般人の我々にとっては法律というのは詳しくわからないものです。常識として悪いことをしてはならないというのはわかっていても、法律で正しいかどうかは法律の専門家に聞かないとどうしようもありません。

なので消費者金融に関する法律というのも基本的にはすべて知っている人はいないでしょう。だから困った場合は専門家に聞かないといけないのですが、最低限知っておいたほうがいい法律というのがあります。その一つが年収の3分の1以上は借入ができないというルールです。このルールを知らないがために、電話口で怒鳴ってしまったりして恥ずかしい思いをすることもあるようです。このルールは昨今の多重債務問題の対策のために作られたものなのですが、借りられないことを知らない人も多かったそうです。

このルールが徹底てして告知されていなかったというのもあると思いますが、問題はこのルールがあまりにも現状とかけ離れているというところでしょう。3分の1しか借入ができない状態では、非常に困る人達が沢山出てくるわけで、結果的にカードローンという抜け道が出来上がって、そちらに人が流れていくようになりました。これは当然の結果で、今は消費者金融もカードローンの方に力を入れています。結果的に法律は有名無実化しているというわけです。

まぁいろいろな意見があるのは知っていますが、少なくともこの法律については失敗だったんじゃないかなと思います。このルールを知っておけば確かに恥はかかないかもしれません。電話口で大きな声で怒鳴らなくてもいいのですから。しかしこのルールの本質的な目的は達成できずにいるのではないかと思います。そしてこの年収の3分の1以上は借りられないということで困った人がたくさんいることもまた、失敗だったんじゃないのかと思います。

口コミの評価が高い消費者金融はやはり大手有名企業に集中する

みなさんは何かを決定する時に自分で決断すると思いますが、何か他の情報や他の人の意見などを一切聞かないで決めるでしょうか?おそらく多くの人、ほとんどの人がかならず意見を聞いた上で決めるというのではないかと思います。それが当然の反応でしょう。

実際になにか簡単なものでもいいので決断をするとした場合、必ず他の人の意見を見るものです。その一つがランチをどこで食べるかなどの食事ですが、これも口コミを見るものではないでしょうか。今やランチや食事のための口コミサイトはかなりのアクセスを誇ります。

それと同じように消費者金融やカードローンなどを使うときにも、必ず消費者金融のウワサであるとか口コミを見るのではないでしょうか。それはおかしなことではなく、ほとんどの人が参考にしてから利用するものです。消費者金融は使ったことがなければなかなか中身がわからないものですから当然のことです。

そこでクチコミサイトを見てもらったらわかると思うのですが、ほとんどの消費者金融が大手のものばかりです。大手の消費者金融の口コミというのは非常にいいのです。これはある程度理由があルのです。それだけ大企業は我々消費者にとってありがたい存在なのです。

なぜなら日本中どこでも使えて、しかもコンビニでも利用できて、ATMがいろいろな駅前にもあるところとなると、やはり大手のところになるのです。つまり大手の消費者金融は圧倒的に利便性の面において、どこにも負けないだけのネットワークを作っているのです。だからこそ、クチコミサイトを見ても大手ばかりが中心になるというわけです。

この大手ばかりがランキングの上位に来るというのは別に消費者の我々にとっては困ることではなく、むしろ利便性の高いものが上位に来ているということで、口コミの信ぴょう性が高くなるものです。結果的に我々は会社の大小ではなく、信用できる会社かどうか、そして利便性がいいかどうか、金利が安いかどうかで利用するかを決めるのですから、大企業ばかりが上にランクインすることは、良い事でもあります。口コミの内容を見ても満足度の高さはわかりうるでしょう。

返済遅延は借入れにとって致命的で絶対にやってはならない!

借入れをしている人にとっては当た前かもしれないですけれども、ついうっかりとしてしまった場合、借入の返済を忘れてしまうこともあります。いわゆる返済遅延というものですけれども、この遅延を起こしてしまった場合というのは信用情報にすごく傷がついてしまいます。最悪の場合は住宅ローンや学資ローンなど、将来的に必要なローンが組めなくなってしまいます。

ですから消費者金融で返済遅延をするのは絶対にご法度というのを覚えておいたほうがいいでしょう。使っている人にとっては当然のことかも知れませんが、初めて使う人はそれがどれだけ危ないことであるかがなかなかわかりにくいかもしれません。とりあえず遅延だけは絶対にしないようにしましょう。そのために忘れないように手帳などに書いておくのがいいでしょう。後は携帯電話のスケジュールに入れておいて、アラームが鳴るようにしておくといいと思います。

ただ、いろいろな理由で遅延せざるをえない時もあると思います。単純に給料や入金の問題があったり、会社が倒産したり夜逃げしてしまうということもあるでしょう。また親戚が亡くなってしまって、通夜と葬式から抜け出すことができなかったなども考えられます。そういうこともあるのは消費者金融側も承知しているので、必ず連絡を一本入れるようにしましょう。

この時に連絡を入れていれば消費者金融側としても対処の仕方があります。数日遅らせた後に返済してもらうという方法もあれば、まずある分だけ払ってもらうという方法も考えられます。いずれにせよ連絡をすることによって初めて遅延を回避することができるのです。もちろん単純に返済をしたくないからという理由で連絡をしたとした場合には貸出の枠を削るなどのペナルティもありえますから、絶対にやってはいけません。重要なのは信用をお互いがしていることなのです。

遅刻するときに一言電話で遅刻しますというのが当たり前のように、必ず消費者金融でも返済に何らかの不都合があるのであれば、嫌かもしれませんが連絡をするようにしましょう。忘れないためにまずは手帳などで管理し、それ以外のイレギュラーな対応は連絡して相談するのが適切な対処法なのです。

結婚関連費用のためにカードローンを利用する場合の注意点

20代から最近ではどんどん晩婚化が進んでいるので30代になってから結婚する人も増えていますが、結婚するときには日本の場合多額のお金がかかります。地方によっては地味な結婚式は良くないといって派手に行うところもあるらしく、そういう場所では一般的な結婚式以上のお金がかかることになります。確かに結婚式にはたくさんのお金が必要ですから、そのために消費者金融を利用するということはありえる話です。

実際に結婚費用のために消費者金融でお金をかき集めてくる新郎の方も居らっしゃるみたいですし、今では当たり前になっているのかもしれません。カードローンなどで借りやすくなっていますからね。結婚のために借りやすいというのは返済も楽だというのがあるでしょう。後で祝儀をもらえるわけですから、その祝儀を利用すれば返済自体は簡単です。が、祝儀というのはある程度先が読めるとはいえ、消費者金融での借入れ自体は注意しておいたほうがいいこともあります。それは祝儀の量が少ない時もあるからです。

まず単純に欠席者が多くなった時です。欠席者が多くなれば、それだけ祝儀が少なくなるので、その分返済が大変になります。もう一つ気をつけたいのがオプションを色々とつけすぎることです。式はそれなりにお金がかかりますが、最低限の式というのもあります。そこから色々とオプションをつけていくことで、際限なくお金が上がっていくのでそこには注意しましょう。

最悪の場合は祝儀だけでは払いきれない時もあります。最後の一つはあまりないのですが、ケチな人達が多い時です。ケチな人たちは相場というのがあっても、その相場通りのお金を祝儀に使ってくれません。

安い祝儀しか入れてくれない人がいた場合は、また返済計画にズレが生じてしまうので注意が必要でしょう。これ以外にもいくつかあるかもしれませんが、主にこの3つのことを注意して消費者金融での借入れを結婚資金に使うべきでしょう。まぁほとんどの場合はちゃんと祝儀で返済することもできますし、うまく行けば新婚旅行にも出かけられるとは思いますが。

何社まで消費者金融は利用できるかは収入と安定性によって決まる

「一体何社まで消費者金融で借りられるのか」こういう疑問を持っている人は多いと思います。何社まで借りられるかというと非常に難しい問いとなるのですが、その審査というものは一般には知ることができず、審査の方法も洗練されてきているとはいえ、詳しくは外部に出てくることはありません。ただ、消費者金融を何社まで借入可能かというのは収入やその人の立場によっても変わると言われています。これは複数の人が試していますからまず間違いないでしょう。無職の時と就職した時、中小企業にいた時と大企業や公務員にいた時で比較して、かなり借入枠なども変化したという話がたくさんありますから間違いないと思います。

まず無職の場合ですけれども、消費者金融の中には厳しいようですが貸出を拒否するというところもあるようです。つまり借入ができないというわけです。ただ、中には無職でも少額だけなら貸出をしてくれる消費者金融もあるようですから、この辺りは審査のゆるいところを選ぶ必要があるでしょう。そして中小企業と大企業や公務員ですが、借入れ自体はできますが、そのための枠や借り入れできる会社の数も変わってくるようです。当然大企業や公務員のほうが安定しているし給料もいいということで、消費者金融はたくさん貸してくれます。何社まで借りられるかというと、その信用枠が残っている間で借りられるので、大企業や公務員が一番たくさんの数の会社から借入れが可能ということになるでしょう。

そして役職によっても借入れの額が違ってくるようです。平社員は安定性はあっても給料が少ないということで枠が少なく、課長や部長などの管理職になっていくと、借入れの枠や会社の数も増えてくるのです。中には何百万円という貸出が可能になる人達もいるようで、お金持ちの人ほどお金を貸してもらえるということになります。当然こういう人たちは消費者金融だけじゃなくて銀行からも借入可能なのですが。

このようにどういう場所に勤めているか、そしてどういう役職に付いているかによって、何社まで借りられるのかということも変わってくるわけです。たくさんのお金を貸して貰いたいというなら、まずは転職することが一番の解決策といえます。

名前はレディースローンとなっていても基本的には他と変わらない

日本各地に点在する消費者金融ですけれども最近はレディースローンというものが増えてきているのをご存知でしょうか。名前の通り、レディースローン、つまり女性のための貸出をする消費者金融やカードローンのことを指します。もともとレディースローンはできるべくしてできたローンだと言えます。

その理由はいくつかありますが、まず一つが女性というのは消費意欲が旺盛だということです。日本の消費は男女半分ずつが担っていると思われがちですが、実は女性のほうが色々な消費活動をしていて、男性以上に消費活動に意欲盛んなのです。例えばランチの値段も女性は高級でおしゃれなものを食べますが男性は500円以下のランチが相場となっています。洋服だって女性物は高いですけれども、男性物は安いチェーン店の服だけを買うという人が多いのを考えれば、レディースローンが必要だというのは納得です。

もう一つの理由が女性の社会進出でしょう。女性がアルバイトやパートだけではなく、正社員として色々な所で活躍するようになって来ました。中にはSOHOや中小企業を設立する人もいて、そういう人のためにレディースローンが人気なのです。今までのローンでは女性向けではなかったので使いにくかったという面もありますが、今の消費者金融なら、女性も気にせず使えるような配慮がされているわけです。

というようにレディースローンが出てきた理由というのはいくつか分析できるわけですが、じゃあ普通の消費者金融とどこか違うのか?というとほとんど一緒で、機能も変わりません。金利が安いわけでもないのですが、女性だからということを理解してくれるローンだといえるでしょう。女性はまだまだパートやアルバイトしかできない人も多いですし、出世には条件が決まっていたりします。また、出産や育児なども抱えているのを理解されにくいてんがありますが、レディースローンなら、その点も理解してもらいやすいのです。消費者金融も毎年毎年色々な商品をよく考えるものです。これなら女性も借りやすくなりますから、素晴らしい視点だと思います。

カードローンを主婦は借りられない法律も今では有名無実化している

カードローンってコンビニを始め、今は銀行でも借入することができるようになりましたが、カードローンが出てきた当初はかなり厳しいルールが有りました。消費者金融を借りるために、借主ができるだけ破産しないようにというルールのもとで作られていたみたいなんですが、そのルールも今や有名無実化してしまっているようです。

特に主婦に関するルールというのはもう全く利用されていないと思っていいでしょう。もともと法律に無理があったということなのでしょう。法律の穴を見つけ出して消費者金融も対策を考えているのです。上に政策あれば下に対策ありというのは中国のことわざのようですが、日本でも同じようなことが行われているのです。

全く合法的に主婦でもお金を借りることができる、収入証明書も一切いらないというような物を消費者金融が創りだしたのです。それがカードローンです。カードローンは色々なところに点在していて、コンビニだけじゃなくて大型スーパーなどでも借入ができるようになりましたが、これは主婦の貸出を厳しくしている法律の縛りを受けないのです。だからここまでカードローンが増えてきたとも言えますが。

例えば法律上は消費者金融の場合、夫の同意書が必要ですし、年収の3分の1以上は貸出ができないというルールがあります。このルールは消費者金融には適用されるのですが、同じようなカードローンには適用されないようになっているわけです。すなわち主婦は借入をしようと思えば借入れでいる方法がいくらでもあるということになるわけです。

そのおかげで今ではカードローンに主婦であろう女性がたくさん利用する姿が増えています。もともと主婦を守るために決めた法律だったはずなんですけれども、その法律が邪魔をして消費者金融で借りられずに困っていた主婦が多かったということになるのでしょう。それをうまく法律に則った形で行うことになったのが銀行系カードローンといえます。これらも元々は消費者金融だったのですが。

探せばいくらでも主婦でも借り入れできる方法というのはあるというわけです。おそらく今後このルールが改正されるまでは借入れは可能でしょう。

地方の金融機関を除き、有名な消費者金融では審査が統一されつつある

その昔銀行というのがたくさんあった時代がありました。全国に展開している銀行というだけでも、幾つもあった時代です。今はそれらが統合されてメガバンクになり、小さいネット銀行が幾つか存在するだけになりました。あの時代には実は消費者金融も無数の中小企業がひしめいていたのです。ちょうどたくさんの銀行が合った時代はお金を貸して欲しいという人がたくさんいたので、消費者金融も儲けていました。しかし今は消費者金融も統廃合されて、中小のところはほとんどなくなってしまいました。今は大きな銀行系のカードローンなど、一部だけが残っています。

このような統廃合はいろいろな影響を消費者金融にもたらしました。例えば審査のやり方についても一定の決まりができたようです。もともと中小企業の審査というのは非常に曖昧だったものがあり、消費者金融の窓口で審査担当の人達によってそうとう審査の方法があったそうです。例えば昔よく言われていたのはちょっと強面の人が奥から出てきて、じっと相手を見て、それで審査に合格か不合格か、そして貸し出しできるかどうかを決めていたと言う話もあるくらいです。

これはうわさ話かもしれませんが、審査の方法がそれだけ適当でバラバラだったということです。しかし今は消費者金融もかなり統合されて数が減りましたが、審査のやり方はほとんど一つに統合されました。ですから、ひとつの会社の信用情報は全ての消費者金融にも共有されるようになったので、ある消費者金融で審査が通らなかったから他のところへ行こうとしても、ほとんど変わらないやり方で審査をしていますから、まず通ることはなくなりました。通るとすれば、かなり中小零細のほそぼそとやっている消費者金融くらいでしょうか。

色々と統廃合には苦労があったみたいですが、利用者としてはある程度メリットはあったと思います。これだけ審査の方法が統一されると、審査をどうやれば通りやすいかということもわかるし、そのための行動もはっきりとわかりやすいですからね。昔と同じような感覚で消費者金融を借りようと思っている人は、考え方を改めたほうがいいかもしれません。

クレジットカードのキャッシングでリボ払いをする時の注意点

クレジットカードがここまでたくさんある国は他にないんじゃないでしょうか、というくらい日本ではクレジットカードが大量に発行されています。流通系や銀行系など、様々な会社が作っているわけですがそれぞれに特徴があります。一番の特徴はそのカード特有のポイントが貯まることでしょう。ポイントが貯まるからこそカードを作っているという人も多いんじゃないでしょうか。ただ、実はクレジットカードには2種類があるのをごぞんじでしょうか。一般的な返済とリボ払いという返済の方法が使えるのですが、特定のカードの場合はリボ払いのみ可能というものも存在するのです。このリボ払いは注意していないとすごく損をしてしまうし、ずっと支払いを続けないといけないことになりかねません。

リボ払いとはそもそも何かなのですが、クレジットカードの支払は一般的に一括と分割の支払いがあります。一括支払いだと一回払いで、分割支払いだと金利手数料がかかりますが、四回や八回などに分割して支払うことができるので、負担が少なく出来ます。それ以上に毎月の負担を減らす方法としてリボ払いがあり、こちらは毎月どれだけのお金を返済するか、それを決めることができるのです。1万円や5000円というように、返済額を設定出来ます。返済額設定のお陰で支払いは楽に思えますが、毎月の返済額が少ないために長期の返済になりがちなのです。だからリボ払いは非常に気をつけないといけません。

消費者金融についても同じですができる限り短い期間で返済することこそが、利息や金利を支払わない方法です。消費者金融の支払いとクレジットカードのリボ払いは非常に似ていて、何回に分けて分割して支払うという訳じゃなくて、いくらなら返済を毎月できるかという考え方です。この考え方は返済したあとに元金がいくら残っているかがわかりにくいので、必ず確認するようにしましょう。そしてあとこの支払の方法でどのくらい繰り返せば大丈夫なのか?というのも確認しておくようにしましょう。そうすれば消費者金融もリボ払いもちゃんと安全に利用することができるはずです。

病気になった時は素直に話すと消費者金融は相談に乗ってくれる

正社員ならまだしも、毎日働かないと給料が入ってこないフリータ-の人たちや日給制の仕事をしている人にとっては、病気というのが一番怖いものでしょう。病気になって働きに行けなければ、それだけで自分自身の食い扶持が減ってしまいます。これは個人事業主などにも言えることでしょう。

個人事業主やフリーターになったことがある人は人一倍自分自身の体調を気にしていると思います。それくらいしないと、本当に生活ができなくなってしまうからです。私も体調には気をつけていますが病気になった場合は本当に大変です。

特に消費者金融の返済についてかなり焦りました。毎月のように金利と元金を返済していたのですが、インフルエンザになってしまって、かなり手取りが減ってしまったのです。そしてその手取りが減った中で節約して生活をしないといけないので、元金と金利を返済することができなくなってしまったわけです。

このまま他の会社から借り入れて返済に回すという方法もあるかもしれませんが、そうやって色々なところから借入をしてしまうと多重債務に陥る可能性もあります。それだけは避けたかったので、私は恥を忍んで消費者金融に連絡を入れたのです。病気になったことが原因で、返済を遅らせてしまうということを。

そうすると返済に関する相談に乗ってくれたのです。私はきっとそれでも返済するように言われるものだと思っていたので内心ドキドキしていたのですが、病気が治った後にしっかりと返済してもらえればいいから、そのために返済日を決めようということになったのです。

この配慮のおかげで私はブラックになることもなかったですし、信用が傷つくということもありませんでした。返済を遅らせるということができるということを知っている人は少ないと思いますから、もし病気になった場合は気にせずに消費者金融の方に相談してみるといいと思います。

そうすると返済に関する相談に乗ってくれると思います。今は消費者金融もかなりジェントルマンな対応をしてくれるようになったみたいです。私はこの相談を受けてもらったことで救われたのです。

1 2 >